ITS情報、まちづくり情報

[ ITS動向 ]

英会話のGABAは、「ビジネスパーソンの今年の振り返りと来年の目標に関する調査」を実施、その結果を発表した。 調査期間:2012年11月9日~11月13日の5日間 調査対象者:20歳~59歳の男女ビ...

[ ITS動向 パーソナルモビリティ ]

 株式会社リーボ(本社:福岡市中央区)は、福岡で行なわれる先進IT交通都市のコンベンション 「スマートモビリティアジア2012@福岡」と連携し、 12月6日(木)よりPM(超小型モビリティ)のカーシ...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

豊田市は プローブ情報活用の普及を目指した「プローブ情報集約化・共有化及び普及拡大策の実証調査」として、愛知県豊田市周辺にて300台規模で実車走行にご協力いただける市民モニターを募集しプローブデータの...

[ パーソナルモビリティ ]

ホンダ は、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディでありながら、ドライバーと子ども2名が乗車できる近距離移動用の超小型PMを2013年からさいたま市で実...

[ ITS動向 トヨタ ]

―3.5haの敷地に700MHz帯電波が利用できる路車間通信装置などを設置― トヨタは、ITS技術を活用して交通事故の低減を目指す、「ITS実験場」をトヨタの東富士研究所(静岡県裾野市)に新設し、...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

会場のAホールのデモブースやSpecial Interst Sessions におけるEU-US Corporationを見ると EU/UA2極の連携が目立つ。両極は「安全のためのアプリ]「環境問題を...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

若い世代の参加促進をめざし下記2テーマのホストセッションを新設している。 (1)Attracting a new generation - New skills for new jobs in the...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

今年の世界会議は全体としてテーマ性を持ち、良く企画された会議であったと言える PL1~3のテーマを完結にまとめると下記の通りである。 1.今までの成果と今後への期待と障害 2.インターネット・スマホ時...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

.閉会式が26日開催された。席上 Best Paperと Best Videoが表彰され ・Best Paper では6件表彰のうち日本関係で  下記2名が表彰された。 東大生研 Liang Xue氏...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

今年も3地区から以下の3名が受賞、表彰され、Hall of Fame殿堂入りした。 制度発足3年目。 ・Gerald Conover(米国PRC Associates Managing Directo...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

10月から、豊田市内で「次世代型シェアリングシステム」の実証実験が開始された。 これは、鉄道・バス等の基幹公共交通の最寄り駅から目的地までのラストワンマイルの移動を超小型EVのシェアリングシステムで補...

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

第2日目 恒例の展示場テープ式が行われた。 式に国土交通省若井政務官、ITS議連共通代表の直島・山本議員、ITS JAPAN 豊田名誉会長、渡邊会長、各展示者の代表が参加した。 ...

[ ITS動向 ITS海外情報 特集記事 ]

米・欧・亜の持ち回りで開催される「世界会議」は、3年ぶりに欧州ウイーンで10月22日(月)から開催された。テーマ「"Smarter on the way"「よりスマートな移動を目して」で26日(金)ま...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

豊田市では経済産業省の次世代エネルギー・社会システム実証事業を推進中であるが、その一つである「公共交通機関向け運行最適化支援システムを構築」について日立が担当。 プロジェクトで日立は「、路線バスを中心...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

 豊田市は8月30日からゾーン30(最高速度30キロの区域規制)を導入下した。当該区域は市街地で、幹線道路と隣接し、自動車の通行よりも歩行者・自転車の安全確保が優先されるべき生活道路であり、通過交通を...

[ ITS動向 パーソナルモビリティ ]

9月10日(月)国交省吉田副大臣は記者会見で、来年度予算にPM導入検討のため6億円を要求したと述べた。 概要は以下の通り 「超小型モビリティにつきましては、交通の省エネルギー化・低炭素社会に資する新...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

9月2日(日)豊田市白浜公園等で行われた「愛知県・豊田市総合防災訓練で、 内閣府の「社会還元P/ITS実証実験モデル都市」の取り組みの一環として、「プローブ情報を活用した移動支援システム」の展示が行わ...

[ ITS動向 ]

8月31日(金)名大豊田講堂でテクノ・フェア名大2012が開催され、講演のほか50件の展示が行われた。 ITS,交通関連で特に関心を持って情報交換したのは以下の3ブース ◆アンケートデータの見える化 ...

[ パーソナルモビリティ 特集記事 ]

『超小型モビリティ等環境対応車による地域交通システムのあり方検討委員会』(委員長 石田 東生 筑波大学大学院システム情報工学研究科教授)が導入のガイドラインを発表。 これは 平成22 年度及び平成23...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

平成24年度第1回豊田市交通まちづくり協議会(会長永田副市長)が7月13日(金)豊田市役所で開催された。 会議では23年度の実施結果と24年度の事業推進について審議された。 24年度事業として、幹線道...

[ ITS動向 ]

国土交通省は 高速道路上の自動運転を実現するシステム(オートパイロットシステム)について、その実現に向けた課題の整理・検討等を行うため、津川国土交通政務官、津島国土交通政務官主宰の下 標記の検討会を設...

[ ITS動向 ]

ジャパンンの2012年度の総会が6月4日(月)経団連会館で開催された。今年度の重点実施事項は、2011-2015年の新中期計画に基づき 1.エネルギー供給の革新に対応した交通システム 2.次世代協調型...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

愛知県豊田市の環境モデル都市としての取組を「見せる化」する施設である「低炭素社会モデル地区 『とよたEcoful Town(エコフルタウン)』」がオープンした。 同施設は市内か加茂病院跡地に建...

[ ITS動向 ]

 4月14日新東名高速道路の御殿場―三ケ日間160Km開通した。1995年3月に着工以来17年で開通し、今後は2014年度に豊田東インターまで延伸。他の区間も20年度までに海蛯名南まで全線開通する予...

[ 豊田市まちづくり情報 ]

3月17日(土)広島市立大学で開催された第14回日本NPO学会年次総会で、岡山大 地域総合研究センター 三村 聡 副センター長・教授(前愛知学泉大教授)=ITSP21会員が、 「豊田市におけるNPO...

[ ITS動向 ]

3月14-16日ビッグサイトで開催中のの第3回国際自動車通信技術展(ATT)で、ホンダは、スマホと ディスプレイオーディオを組み合わせた車載端末を展示した。これは、ナビ機能を持たないディスプレイオーデ...

[ ITS動向 ]

 総務省東海総合通信局は、中日本高速道路株式会社から申請のあった新東名高速道路のサービスエリアなどの特定エリアで情報提供を検証するための実験試験局の免許を付与した。  本実験試験局は、中日本高速道路...

[ ITS動向 ]

スマートフォン利用者の過半数がナビアプリを利用 株式会社J.D. パワー アジア・パシフィックは、携帯電話のナビゲーションアプリの利用実態調査の結果を発表した。 スマホの普及の中で、ナビとの関係は一...

[ ITS動向 ]

1.平成24年1月の利用台数・収入について  距離別料金移行後の平成24年1月の利用台数は、昨年と比較して4%減となり、料金収入は、 昨年と比較して4%増となつた。   2.利用台数の状況(平日平均...

[ ITS動向 ]

 2月27日、国交省中部地方整備局と中日本高速道路(株)は、東海、東南海地震などの大規模災害に備え、高速道路と国・県道の通行規制情報を共有することなどを盛り込んだ災害時相互協力協定締結。 料金所やサー...

[ ITS動向 豊田市まちづくり情報 ]

トヨタは豊田市の公道で走行実験を3月から行う。システムは、総務省より2011年12月にITS向け周波数として割り当てられた700MHz帯の電波を利用する。車両に搭載したセンサーでは検出困難であった、右...

[ ITS動向 トヨタ パーソナルモビリティ ]

トヨタは1月1日付けの組織変更でバリューチェーン事業の強化に向け、通信関連事業を全面的に組み込んで バリューチェーン戦略を立案するため、バリューチェーン事業室とつながる商品事業部を、バリューチェーン...

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る