HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2019年 > 次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019
ITS情報、まちづくり情報

次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019

[ ITS動向 他都市のまちづくり 自動運転 ]

9月22日(金)名古屋JPタワーで株式会社ナノオプト・メディア主催の「次世代自動運転・コネクテッドカー・カンファレンス 2019」が開催された。
(一財)計量計画研究所 牧村理事は、「自動運転社会を想定した都市デザイン」と題し講演した。
同氏は、自動運転社会を普及促進していく上では、自動運転の特性、将来与えるインパクトを想定し、都市及び都市デザインと一体となった戦略的な取組みの重要であること。具体的には街路空間、路肩、交差点、駐車、歩車共存空間等を対象に、諸外国での取組みを紹介し、今後の新都市デザインに関する考え方と社会実験など我が国の課題を述べた。

20190222nanopputo01.jpg20190222ibs03.jpg

<< 平成30年度豊田市交通まちづくり推進協議会 | 記事一覧 | タクシー相乗り、自家用有償旅客運送規制緩和へ >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る