HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > 「地域公共交通の活性化」懇談会が提言
ITS情報、まちづくり情報

「地域公共交通の活性化」懇談会が提言

[ 自動運転 高齢者とモビリティー ]

 7月21日、地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会(会長山内一橋大教授)は提言を公表した。

 懇談会は、平成19年に地域公共交通活性化再生法が制定されてから10年を迎え、今後10年を見据えた中長期な視野から考えられる取組の方向性について、様々な観点から議論を行うため、昨年6月に設置され、これまでの8回の議論を踏まえて、提言をまとめた。
懇談会の中では、運転者不足、自動運転、高齢者の移動手段,貨客混載についても言及している。

member.JPG houkou.JPG

<< DeNAなどの「自動運転バス」の実験 | 記事一覧 | 自動運転車の「利用シーン」 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る