HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > 自動運転の「「安全基準や交通ルールなど制度整備」の方向決定
ITS情報、まちづくり情報

自動運転の「「安全基準や交通ルールなど制度整備」の方向決定

[ 自動運転 ]

第14回未来投資会議が 3月30日安倍総理大臣が出席して開催された。テーマはSociety 5.0の移動革命(自動走行)で松山科学技術担当大臣から自動運転の事業化を可能とするため「安全基準や交通ルールなど制度整備」の方向性を示す大綱が説明された。
今回特に注目を集めているのは、自賠責保険の改定において、賠償責任を「クルマの保有者」にしている点と車両に「ドライブレコーダー」の搭載を義務付けている点。


mirai investment MTG 03.JPG

miraiinvestMTG00.JPG

<< 豊田市交通モデル都市 ⑥ 名大COIと筑波大COCNとトヨタ | 記事一覧 | 国交省、自動運転戦略本部会議を開催 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る