HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2013年 > ストックホルムの渋滞税継続
ITS情報、まちづくり情報

ストックホルムの渋滞税継続

[ ITS動向 ITS海外情報 ]


Q-Free to continue Stockholm congestion maintenance
ストックホルムの混雑税インフラのメンテナンスを続けるため、Swedish Transport Administration (Trafikverket) はQ-Freeとの契約を継続する。3年契約は約600万米ドルと評価されており、2013年11月に始まる。
渋滞税は、国民投票による初めての試行として2006年ストックホルムに導入され、2007年から実施されている。2011年Elsevier から発行された5年間の運用を締めくくるレポートには、この税金により交通流が低減され、この期間に収受金額はわずかに増加し、交通システムに対する影響として公共交通機関に貢献した。代替燃料車は2008年まで税免除され、これによりこのような車両の販売が大幅に増加することに貢献した。
(2013年7月11日/ITS International)

stockholm.jpg

<< 愛知県ITS推進協議会でITS Japan会長が記念講演 | 記事一覧 | KDDIが2.5G帯の新たな帯域獲得 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る