ホンダ超小型PM2013年より実証実験を開始 | 2012年 | ITS情報、まちづくり情報 | 特定非営利活動法人(NPO) ITS-P21
HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > ホンダ超小型PM2013年より実証実験を開始
ITS情報、まちづくり情報

ホンダ超小型PM2013年より実証実験を開始

[ パーソナルモビリティ ]

ホンダ は、2011年の東京モーターショーで初公開したコンセプトモデルを進化させ、超小型ボディでありながら、ドライバーと子ども2名が乗車できる近距離移動用の超小型PMを2013年からさいたま市で実証実験を開始する。(リアシートを交換することで大人2名の乗車も可能) 。

実証実験では、子育て層や高齢者層の近距離圏内の日常的な移動支援のほか、宅配や通勤、カーシェアリングといったさまざまな用途での可能性を検証する。

車両は欧州の二輪カテゴリーのひとつである「L7」に適合、バッテリーを除き、重量400kg以下、出力15W。(諸元は下記)。

また、バッテリー、モーター、コントローラーなどを床下およびリアスペースに配置し、動力機能をコンパクトに完結させたプラットフォームであるVariable Design Platformを採用することで、さまざまな用途や顧客の要望に合ったボディや内装を、既存の自動車より比較的容易に開発・生産することを可能として販売価格は40-50万円台を目指すものと思われる

また、個人所有のタブレット端末をそのまま使用して、メーター類の表示やナビゲーション、オーディオ、バックモニターなどの機能に応用したり、ルーフに設けた太陽電池でタブレットのバッテリーを充電することを想定。

プロトタイプ主要諸元
サイズ(全長×全幅×全高) 2,500×1,250×1,445(mm)
最高速度 80km/h
最大航続走行距離 60km程度
充電時間 3時間未満
バッテリー リチウムイオン
最高出力 15kW

hondaPM02.jpg

hondaPM01.jpg

<< トヨタ 東富士に「ITS実験場」を新設、700MHz帯電波も実験 | 記事一覧 | 市民プローブプロジェクトモニター募集のお知らせ >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る