スマホで管理のPMカーシェアリング福岡市で実証事業開始 | 2012年 | ITS情報、まちづくり情報 | 特定非営利活動法人(NPO) ITS-P21
HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > スマホで管理のPMカーシェアリング福岡市で実証事業開始
ITS情報、まちづくり情報

スマホで管理のPMカーシェアリング福岡市で実証事業開始

[ ITS動向 パーソナルモビリティ ]

 株式会社リーボ(本社:福岡市中央区)は、福岡で行なわれる先進IT交通都市のコンベンション
「スマートモビリティアジア2012@福岡」と連携し、
12月6日(木)よりPM(超小型モビリティ)のカーシェア実証事業「おでかけ@ももち」をスタートさせる。
この事業では最大で3台の超小型電気自動車を配置、駅前とオフィスビルの2カ所のステーション間での乗り捨てを可能とし カーシェアシステムとして初めて、免許証・会員登録から車両予約、貸出操作、料金課金まで、全てスマートォンアプリ内で完結可能とする。
同社では導入希望事業者・地方公共団体を募集している。




fukuokacarshere.jpg


<使用車両>
・タケオカ自動車製超小型電気自動車「T10」:2台
・トヨタ車体製製超小型電気自動車「コムス」:1台(予定)
※12年12月中は「T10」1台での運用
<貸し出し拠点>
・福岡SRPセンタービル ・地下鉄西新駅前 ※13年1月開始予定
<実証期間>
12年12月6日-13年3月31日


<< 市民プローブプロジェクトモニター募集のお知らせ | 記事一覧 | 来年流行ると思うモノ、トップは「ぶつからないクルマ」Gaba調べ >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る