HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2015年 > 2019年ラグビーワールドカップ豊田市が開催地に
ITS情報、まちづくり情報

2019年ラグビーワールドカップ豊田市が開催地に

[ 豊田市まちづくり情報 ]

4年に1度行われるラグビー世界一を決めるラグビーワールドカップは2019年で日本で開催されることは決定していたが会場となる12会場が決定し、豊田スタジアムも選出された。
同大会はオリンピック、サッカーワールドカップに次ぐスポーツ界では大規模な世界大会で1987年に第1回大会がニュージーランドにて行われた。今年で7回目を迎え、前回のフランス大会では、総観客数が225万人、テレビ観戦者数40億人といわれている。
豊田市では開催に伴って愛知県全体で79億~113億円の経済波及効果を生みだすと試算した。このうち市内だけでも27億~38億円に上るとみており、豊田をアピールできる絶好の機会として市を中心にPR活動を強化する。(http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20150307-OYTNT50158.html)

【ラグビーワールドカップ2019 開催都市】
・札幌ドーム(札幌市)、・(仮称)釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県・釜石市)、・熊谷ラグビー場(埼玉県・熊谷市)、・新国立競技場(東京都)、・横浜国際総合競技場(神奈川県・横浜市)
・小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県、・豊田スタジアム(愛知県・豊田市)
・花園ラグビー場(大阪府・東大阪市)、・御崎公園球技場(神戸市)、・東平尾公園博多の森球技場(福岡市)、・熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県・熊本市)、・大分スポーツ公園総合競技場(大分県)

<豊田スタジアム>
toyotastudium01.jpgtoyotastudium02.jpgtoyotastudium03.jpg>

<< 日米欧のITS戦略計画 | 記事一覧 | 第9回日本ITS推進フォーラム 総合シンポジウム >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る