HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2014年 > 「環境先進都市国際会議」を企画
ITS情報、まちづくり情報

「環境先進都市国際会議」を企画

[ 豊田市まちづくり情報 ]

愛知県豊田市は来年度1685 億円の予算案を編成したと発表した。
トヨタ自動車からの法人市民税の急回復により市税は約3割増の1085億円と平成18年度のレベルまでに戻った。企業の最大かつ基本的な「よい企業市民」としての責任が収益を上げ「納税」することを示した。
来年度予算では
平成の大合併による新・豊田市誕生10周年プロジェクト事業として約1億円を計上。
主な事業は以下のとおり
(仮)暮らし満足・環境先進都市プロモーション番組制作、
(仮)いなかとまちの交流フェスタ、
(仮)地域自治シンポジウムin豊田、農ライフ創生センター開設10周年記念事業、豊田市の 森づくりと矢作川森の健康診断の10年、
(仮)環境先進都市国際会議他
豊田市は昨年国連で市長が同市の活動を報告している
国連での豊田市の活動報告

budget04_jpg.jpg














  
itsp21

平成26年度予算の特色

昨年度対比

    

市税収入の推移


  

財政運営の考え方

合併10年記念事業

<< 平成28年に都市高速で渋滞課金導入 | 記事一覧 | オープンカフェ等の設置に際しての道路占用の許可の特例を創設 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る