HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > 低炭素社会モデル地区「とよたEcoful Town」が5月18日オープン 
ITS情報、まちづくり情報

低炭素社会モデル地区「とよたEcoful Town」が5月18日オープン 

[ 豊田市まちづくり情報 ]

愛知県豊田市の環境モデル都市としての取組を「見せる化」する施設である「低炭素社会モデル地区 『とよたEcoful Town(エコフルタウン)』」がオープンした。
同施設は市内か加茂病院跡地に建設されたものでオープニングセレモニーは、
5月18日(金) 豊田市長、トヨタ自動車小平副会長他関係省庁、愛知県、関係団体、関係企業が参加して行われた。
今回は第1期工事のオープン完成であるが、「低炭素実証」における豊田の特色である「TDMS]などの具体的な成果の展示・効果に公開が期待される。



toyotaecofulfujii01.jpg


toyotaecofull0007.jpg



toyotaecofulfujii03.jpg

PMPHV.jpg

<< 新東名と夢ロード | 記事一覧 | ITS ジャパンン2012年度総会 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る