HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2011年 > パーソナルモビリティー(PM)研・結果報告
ITS情報、まちづくり情報

パーソナルモビリティー(PM)研・結果報告

[ パーソナルモビリティ 豊田市まちづくり情報 ]

newspaper2.jpg
日刊自動車新聞に掲載
国土交通省が12年度中にも軽自動車より小さい2人乗りの超小型車の規格を設ける方向で検討、また全国35都道府県知事が集まる「高齢者にやさしい自動車開発推進知事連合」も次世代車を議論したり、全国各地で実証実験が始まるなど、パーソナルモビリティーへの関心が高まっている。

その中で、(NPO法人)ITSPプラットフォーム21(以下ITSP21)は、昨年度に名工大、豊田都市交通研究所、TMO、行政機関などのメンバーからなるてPM研究会を発足。10年度中に7回の検討会を実施した。
 パーソナルモビリティーに関して最適な車両性能や制度区分、インフラを研究、また、具体的なフィールドとして愛知県豊田市をモデルに、全国の市町村に採用可能なパーソナルモビリを検討した。そして具体的には、
1.歩行支援PM、
2.超小型PM)、
3.移動ボランティア制度を提案。
とくに2.に関しては
公道を走行可能な車両、免許区分のなかに新分類として最高時速30キロメートルの超小型車を設定、同時に市街地や住宅地に時速を30キロメートル以下に制限する専用区域やレーンを設置することを提案している。

また、残された課題として、①パーソナルモビリティの定員など車両仕様②走路③所有の形態をあげている。
詳細は こちらをご覧ください

 
超小型PMの位置づけ

pmseido2.jpg

パーソナルモビリティーの導入イメージ図

pmimg1s.jpg

pmimg2s.jpg

pmimg3s.jpg

<< 日産車もDSSS車載器搭載 | 記事一覧 | VW Frankfurt ショーで一人乗りEVを展示 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る