HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2013年 > 中部EST創発セミナーを豊田市で開催
ITS情報、まちづくり情報

中部EST創発セミナーを豊田市で開催

[ 豊田市まちづくり情報 ]

昨年度EST交通環境大賞(環境大臣賞)を受賞した豊田市で下記セミナーが開催される。   『かしこい交通社会』の実現を目指して  -ITSの活用、モーダルミックスによる低炭素交通システムを考える-

セミナーでは、先進的な事例を基に、豊田市の交通環境政策に詳しい学識経験者の講演会や、トヨタ自動車、国土交通省中部運輸局、本市によるパネルディスカッションを実施し、低炭素な「かしこい交通社会」を実現するための方法を意見交換する。

1.日時 平成25年10月23日(水)13:30~16:30(受付開始:13:00~)
2.会場 豊田産業文化センター小ホール(豊田市小坂本町1丁目25番地)
3.主催 国土交通省中部運輸局、EST普及推進委員会、(公財)交通エコロジー・モビリティ、豊田市

4.内容  (1)講演「ITSを活用した低炭素交通システム」 名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 森川 高行氏
(2)講演「『かしこい公共交通整備・活用』が『かしこい交通社会』を支える」 名古屋大学大学院 環境学研究科 准教授 加藤 博和氏
(3)パネルディスカッション 「『かしこい交通社会』の実現を目指して -ITSの活用、モーダルミックスによる低炭素交通システムを考える-」
名古屋大学大学院 環境学研究科 教授 森川 高行氏 名古屋大学大学院 環境学研究科 准教授 加藤 博和氏 トヨタ自動車株式会社 IT・ITS企画部 スマートコミュニティ企画室長 原 年幸氏 豊田市 副市長 有田 幸司氏 国土交通省中部運輸局 交通環境部長 野﨑 智文氏 コーディネーター 東京大学名誉教授 太田 勝敏氏

5. 7.申し込み先 「環境的に持続可能な交通(EST)ポータルサイト」(http://www.estfukyu.jp/)

6.豊田市の受賞理由 渋滞対策や公共交通利用促進といった基本的な対策を充実させると共に、太陽光充電施設整備やPHVの一般利用事業、EVやPHVの補助金制度による普及促進、燃料電池バスによる基幹バスの導入、自転車やパーソナルモビリティを総合都市体系の中に組み入れるなど多くの最先端の取組を推進していること。




>

<< 進むスマホ/タクシーの連携 | 記事一覧 | TOYOTA I-Road >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る