人とくるまのテクノロジー展2018横浜 | 2018年 | ITS情報、まちづくり情報 | 特定非営利活動法人(NPO) ITS-P21
HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > 人とくるまのテクノロジー展2018横浜
ITS情報、まちづくり情報

人とくるまのテクノロジー展2018横浜

[ ITS動向 イベント情報 ]

自動車技術会は、人とくるまのテクノロジー展2018横浜を、2018年5月23日(水)~5月25日(金)の3日間にわたり、パシフィコ横浜で開催した。
最新技術のショーケース「人とくるまのテクノロジー展」技術展は1992年から開催され今年は25年目で、過去最多の597社出展した。15件の世界初公開、21件の日本初公開となる展示が行われ、また『社会を、生活を変えてゆく、自動運転技術』をテーマに、運転の自動化に向けて進化する技術を中心とした展示・講演を行が行われた。

自動車技術者・研究者が最新の研究成果を発表する「学術講演会」では、100セッション・454編の講演発表が行われた。
その他、出展社による 「ワークショップ」67講演と技術部門委員会企画の「フォーラム」17件を実施された。

3日間の来場者は、自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展「93,458名」、学術講演会の参加登録者数は「6,141名」となり、共に過去最多となった。

なお、7月11日(水)~7月13日(金)の3日間にわたり、ポートメッセなごやにて、第4回となる「人とくるまのテクノロジー展 名古屋」を開催予定。

20180523jseayokohama10.JPG 20180523jseayokohama07.JPG
20180523jseayokohama04.JPG 20180523jseayokohama11.JPG

<< 交通ビッグデータの活用 ①MaaS | 記事一覧 | 平成30年交通政策白書 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る