HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > CEATEC JAPAN 2018 開催
ITS情報、まちづくり情報

CEATEC JAPAN 2018 開催

[ イベント情報 ]

10月16日(火)-19日(金) 幕張メッセにおいてCEATEC JAPAN 2018 開催された。
今年のテーマは、「つながる社会、共創する未来」で345社/団体の新規出展を含む、725社/団体が出展。
主催は、一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人情報通信、ネットワーク産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC JAPAN実施協議会で,4日間の会期において、16万人の来場者数を見込んでいる。

本年は海外企業/団体の展示が一堂に会する「Co-Creation Park」を新設、また、昨年のインドに続き、今年はフランスとイギリスが初めてパビリオンを設置している。他にもアメリカをはじめとする世界各国のスタートアップや先端企業など、19か国206社/団体の海外企業/団体が出展している。

15日、パレスホテルで開催された開会式では、石田総務大臣、世耕経済産業大臣、中西経団連会長が挨拶した。(下記動画)


■ CEATEC JAPAN 2018 開催規模
・ 出展者数:725社/団体(2017年実績:667社/団体、昨年比+8.7%)
・ 出展小間数:1,786小間(2017年実績:1,758小間、昨年比+1.6%)
・ 新規出展者数:345社/団体(2017年実績:327社/団体)
・ 海外出展者数:19カ国/地域から206社/団体(2017年実績:22カ国/地域から199社/団体)
・ スタートアップ/大学研究機関出展者数:162社/団体(2017年実績:140社/団体、昨年比+22社/団体)

<< 「モバイル市場の競争環境に関する研究会」開催 | 記事一覧 | ライドシェア 市場を巡る動き―ソフトバンク対トヨタの攻防② >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る