HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2019年 > パナソニックとトヨタが「街づくり事業」に関する合弁会社の設立合意
ITS情報、まちづくり情報

パナソニックとトヨタが「街づくり事業」に関する合弁会社の設立合意

[ トヨタ ]


パナソニック株式会社とトヨタ自動車株式会社は、街づくり事業に関する新しい合弁会社「プライムライフテクノロジー社」の設立に向けた契約を締結した。
両社は家電や住宅設備などの急速なIoT化や、モビリティにおけるCASE、車・公共交通などの移動手段をITでつなぎ、サービスとして提供する「MaaS」などの進展により、今後急速な変化が進むと考えられる街づくり事業の成長・発展を模索しつつ、人々のより良い暮らしの実現を目指す。
また、今後市場の競争激化が想定される住宅事業においては、両社住宅事業の統合により事業基盤の強化も進める。なお、合弁会社には三井物産も参加する。
10toyotapanasonic.JPG
10toyotapanasonic02.JPG


<< トヨタ、デンソー、ソフトバンク、Uberの自動運転新会社に計10億ドル出資 | 記事一覧 | 「人とくるまのテクノロジー展2019」 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る