HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 高齢者とモビリティー
ITS情報、まちづくり情報

[ 高齢者とモビリティー ]

警察庁は11月2日「改正道交法の施行後6月の状況」について公表した。道交法の改正は主として認知症の恐れのある75才以上の高齢者の運転免許制度の見直しを行ったもので、3月12日に施行された。これによると...

[ Editor’s Column 自動運転 高齢者とモビリティー ]

 2050年ごろは「自動運転車社会」になっていると思われる。その時代には現在とは様変わりの社会・経済が現れているだろう。その一つが、国土の利用形態の変化である。  日本の戦後の国土計画は、1962年(...

[ 自動運転 高齢者とモビリティー ]

 7月21日、地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会(会長山内一橋大教授)は提言を公表した。  懇談会は、平成19年に地域公共交通活性化再生法が制定されてから10年を迎え、今後10年を見据...

[ ITS動向 高齢者とモビリティー ]

警察庁の高齢運転者交通事故防止 対策に関する有識者会議(座長石田敏郎早稲田大学名誉教授=心理学)は、高齢運転者交通事故防止 対策について幅広く提言する中で、交通事故削減のため「限定 条件付免許」の検...

[ ITS動向 道の駅 高齢者とモビリティー ]

5 月 30 日 首相官邸で開催された第9回未来投資会議で「未来投資戦略 2017」が決定した。同戦略は、移動革命の実現など下記5項目を提案。 1.健康寿命の延伸、2.移動⾰命の実現、3.サプライ...

[ ITS動向 豊田市まちづくり情報 高齢者とモビリティー ]

2月7日開催された第10回規制改革推進会議(議長太田弘子政策研究大学院大学教授)はライドシェアなど道路運送車両法の規制緩和について議論した。 1.議題   需給の構造変化を踏まえた移動・輸送サービス活...

[ ITS動向 高齢者とモビリティー ]

1年間の交通事故による死者は全国で3,904人だった。前年より213人(5,2%)少なく、1949年以来67年ぶりに4千人を下回った。警察庁によると、死者のうち65歳以上の高齢者は2,138人、54,...

[ 豊田市まちづくり情報 高齢者とモビリティー ]

一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(Toyota Mobility Foundation。以下、「TMF」)は、愛知県豊田市足助地区において「中山間地域におけるモビリティ活用型モデルコミュニティの...

[ 高齢者とモビリティー ]

(出所朝日新聞) 政府は10日、75歳以上の高齢者に対する運転免許制度と受験資格は18歳以上とする3.5トン以上7.5トン未満の「準中型自動車免許」を新設する道交法改正案を閣議決定した。、 75歳以...

[ ITS動向 自動運転 高齢者とモビリティー ]

2015年3月9日(月)「第9回日本ITS推進フォーラム 総合シンポジウム」でメルパルク東京を開催された。 本シンポジウムでは日本の産官学で取り組まれるITSの研究・実用化・普及について、「ビッグデ...

[ ITS動向 パーソナルモビリティ 他都市のまちづくり 高齢者とモビリティー ]

-「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」によるワンウェイ型シェアリングサービス- パーク24株式会社(パーク24)とトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、パ...

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る