HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2011年 > 【東日本大震災】通行実績マップ---ITSジャパンが4社の情報を集約
ITS情報、まちづくり情報

【東日本大震災】通行実績マップ---ITSジャパンが4社の情報を集約

[ ITS動向 ]

「がんばれ日本」「自分にできることは何か」がキャッチフレーズになっているなかで、ITSの分野も自分の出来る範囲で貢献している。すなわち、災害情報、交通情報提供に関する素早い対応である。トヨタ、やホンダはそれぞれ、自社のテレマチックスサービスであるG-BOOK、インターナビ会員の車両からの収集した通行実績情報(プローブ情報)を公開し、被災地における通行可能な道路の参考情報として『GoogleEarth』上に公開した。また、ITS Japan はHonda、パイオニア、トヨタ、日産が収集した通行実績情報を使用し、それをもとに「自動車・通行実績情報マップ」作成して公開した。ITSジャパンが、今年度の重点実施事項の一つとして「プローブ情報の共有」を掲げ推進してきたからこそ可能になったものである。中越地震のときにはホンダだけが対応したが、輪が広がりつつあることは歓迎すべきことである。


<< 豊田市まちづくり懸賞エッセイ表彰式 | 記事一覧 | 第20回ITS世界会議東京2013ロゴ >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る