HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > 第10回規制改革推進会議で道路運送車両法について議論
ITS情報、まちづくり情報

第10回規制改革推進会議で道路運送車両法について議論

[ ITS動向 豊田市まちづくり情報 高齢者とモビリティー ]

2月7日開催された第10回規制改革推進会議(議長太田弘子政策研究大学院大学教授)はライドシェアなど道路運送車両法の規制緩和について議論した。
1.議題
  需給の構造変化を踏まえた移動・輸送サービス活性化のための環境整 備について
2.資料提供者
 1)配車アプリ等をはじめとした最新のタクシーの取組について(日本交通株式会社)
 2)Web登録型相乗りマッチングサービスについて(株式会社notteco)
 3)過疎地の社会インフラ維持に向けた規制改革提言(ヤマト運輸株式会社)
 4)乗合バス事業者採用の運転士に限定した大型第二種免許の取得要件の緩和(株式会社みちのりホールディングス)

<規制緩和要望の例:株式会社notteco>
001.JPG

<< IPA「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表 | 記事一覧 | 「道の駅」と「高速道路SAPA」連携の社会実験を新城等で今夏実施 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る