HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > 世界会議 特色その3 進むEU/US+1連携
ITS情報、まちづくり情報

世界会議 特色その3 進むEU/US+1連携

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

会場のAホールのデモブースやSpecial Interst Sessions におけるEU-US Corporationを見ると
EU/UA2極の連携が目立つ。両極は「安全のためのアプリ]「環境問題を含め持続可能性のためのアプリ」「標準化」WGを設置し活動を推進中である。
昨年のオーランド会議直前にMLITは日本で2極とそれぞれ個別に協力関係構築のための覚書を取り交わした。
上記EU/DOTのプロジェクトに日本もオブザー参加が認められており、会場に展示のデモ車のプレートにはデンソーのロゴも掲載されている。しかし、開催地が欧州ということもあるが、2極の協同体制が印象に残る。

EUUS02.jpg
EUUS03jpg.jpg

EUUSdemo05.jpg


<< 世界会議 特色その2 市民参加 | 記事一覧 | トヨタ 東富士に「ITS実験場」を新設、700MHz帯電波も実験 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る