HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > GfKジャパン「コネクテッドカーに関する調査」
ITS情報、まちづくり情報

GfKジャパン「コネクテッドカーに関する調査」

[ ITS動向 自動運転 ]

- 完全自動運転の必要性は運転の好き嫌いで変化
GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,745名に対し、コネクテッドカー(近未来の自動車)に関するインターネット調査を実施した。
【概要】
・自動運転レベル3(システムが要請した時のみドライバーが対応する)の必要性を感じているドライバーは6割。
・自動運転レベル4(人間が運転操作しない完全自動走行)を必要としたのは4割弱。運転嫌いの人では過半に。
・IoT関連機能で最も必要とされたのは「緊急通報システム」。

GiFurveyautodrive.jpg

<< トヨタ コネクテッド戦略とMaaS | 記事一覧 | XeroxのビジネスリフォーミングとITS >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る