HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2016年 > GoogleがFiat/Chryler(FCA)と自動運転で提携
ITS情報、まちづくり情報

GoogleがFiat/Chryler(FCA)と自動運転で提携

[ ITS動向 ITS海外情報 自動運転 ]

5月3日GoogleとFiat/Chryler(FCA)は自動運転に関して提携関係に入り具体的にはFCAがGoogleに実験車両を提供することに合意したと発表した。
Googleはかねて自ら自動車製造を行うことはないと明言し提携先を模索していた。今年1月ラスベガスで開催されたCES2016ではその直前にFordと提携するという情報が流れ、CESで公表されるかと注目を集めた。しかし発表は行われなかった。また、一昨年にはトヨタとの提携が噂されたが成立していない。
米国で業績不調のChryslerは自動運転開発に乗り出す余力はなく、自動走行車に関してはスマホやPCにおける「受託生産会社」のようにになる可能性もあり、業界の激動は避けられない。

FCA.JPG

<< ITS Japanは熊本地方の「通行可能道路」情報提供中 | 記事一覧 | 「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」が企画会社設立 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る