HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2013年 > トヨタ、都市交通システム「Ha:mo」を10月1日より本格実証へ
ITS情報、まちづくり情報

トヨタ、都市交通システム「Ha:mo」を10月1日より本格実証へ

[ ITS動向 豊田市まちづくり情報 ]


トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2012年10月より愛知県豊田市浄水駅で中京大学と実証運用をしている都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」を10月1日より拡充する。

<豊田市浄水駅での実験>
 
「Ha:mo」は、クルマなどパーソナルな乗り物と公共交通の最適な組み合わせによって、人にも街にも社会にも優しい移動の実現を目指す交通サポートシステムの総称で、道路状況や公共交通機関の運行状況に応じてCO2排出量と利便性の双方に配慮し最適な移動手段の情報提供を行う「マルチモーダルルート案内」、並びに都市内の近距離移動ニーズに対応する小型EVシェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモ・ライド)」を提供している。

<ハーモのコンセプト動画>


今回拡充する内容は以下のとおり。

1.シェアリング車両台数の拡大
・ 「Ha:mo RIDE」のシェアリング車両であるトヨタ車体(株)製「コムス」を、現在の10台から、10月1日に新たに45台投入し、10月中旬までに計100台まで拡大する。また、顧客のスマートフォンによるキー解除操作により、車両のキーレス化を実現し、貸し出し・返却時におけるキー管理の煩わしさを解消する。
・ ヤマハ発動機(株)製電動アシスト自転車「PAS」についても、現在の10台から、10月1日に新たに52台投入し、今後100台まで拡大する。
・ パーソナルモビリティのコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」は、国内では一人乗りとして開発を進め、2014年初めより都市交通システム「Ha:mo」に投入する予定

2.車両ステーション数の拡大
・ 貸し出し・返却を行う車両ステーションも現在の4ヶ所から、10月1日に新たに13ヶ所増やし、10月中旬までに21ヶ所まで拡大する。
・ 新たな車両ステーションは、より多くの通勤・通学者の利用が見込める豊田市内主要駅、市内主要公共施設・商業施設およびトヨタの事業所などに設置する。なお、「Ha:mo RIDE」の特徴である、車両ステーション間の乗り捨て利用は継続する。

3.シェアリングサービス有料化による運用検証
・ シェアリングサービスの有用性と事業性を評価するため、10月1日より、車両の利用料を有料化する。(入会費や月会費は無料)「コムス」の場合、各回利用時の最初の10分が200円、以降1分毎に20円を加算。
・ さらに、11月中旬より、曜日・時間帯別の料金体系や、ステーション間の車両台数のバラツキを抑制するため、往復割引を導入するなど、料金水準と利用頻度の関係性を検証する。

4.マルチモーダルルート案内の利便性向上
・ 「マルチモーダルルート案内」に「Ha:mo RIDE」を追加することで、出発地や目的地付近に車両ステーションがある場合、「Ha:mo RIDE」による
移動を新たなルート選択の候補として提供する。
・ さらに、「Ha:mo RIDE」の利用を予約する場合には、ルート上のアイコンから「Ha:mo RIDE」アプリにリンクすることで、簡単に予約することが可能。
・ 新たに開発された「統合バス運行管理システム」((株)日立製作所)に接続することにより、複数のバス事業者が運行するバスのダイヤや運行情報を一覧で見ることができ、バス利用の利便性を向上。
・ 今後は、登録したマイルート上での渋滞発生予測を利用者に自動的にお知らせし、行動変化を促すおすすめ機能や週間渋滞予報など、地域の交通情報ポータルとして、役立つ機能や情報を順次追加する計画である。

5.「Ha:mo RIDE」会員数の拡大
・ 車両台数と車両ステーションの規模拡大に併せ、現在の会員数100名程度を1,000名規模まで拡大する。
・ 学生から社会人、主婦まで幅広い層に会員メリットを実感いただくため、10月1日からの1ヶ月間、初乗り料金を廉価設定するなどのキャンペーンを実施する。

なお、トヨタは、パーソナルモビリティのコンセプトカー「TOYOTA i-ROAD」を10月1日(火)から5日(土)までの5日間、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2013」のトヨタブースにて展示する。


<仏Grenobleでの実験>



<< 「自動運転」、コンチネンタル社とIBM提携 | 記事一覧 | 豊田市でのインフラ協調システムについての講演 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る