中部国際空港でi-Real使用 | 2009年 | ITS情報、まちづくり情報 | 特定非営利活動法人(NPO) ITS-P21
HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2009年 > 中部国際空港でi-Real使用
ITS情報、まちづくり情報

中部国際空港でi-Real使用

[ ITS動向 パーソナルモビリティ ]


P1010086w.jpg
中部国際空港では,6月27日より警備や案内業務にi-Realを使用しており、7月19日に見学した。

i-Realは、自由に移動したいという個人の願いと、社会との調和を追求したパーソナルモビリティで、トヨタ自動車が開発した。

フロント2輪・リヤ1輪の3輪構成とし、歩行者エリアでは、ホイールベースを短くすることで専有スペースを小さくし、速度が上がるとホイールベースを長くすることで低重心かつ高い走行性能を確保している。

障害物監視のセンサーや、柔らかい外装により、人に優しいモビリティとなっており、3輪走行で安定性に優れており、空港内での使用に適している。iRealが実用化されたのは中部国際空港が初めてで4台が使われている。

今後、国の「環境モデル都市」プロジェクトや「イノベーション25ト」に基ずく「社会還元」プロジェクト等で具体的都市で「人と環境にやさしい」交通手段として運用実証実験の実施が見込まれている。 (関連情報はこちら)

<< DSSS(次世代安全運転支援システム)パイロット事業に149億円の予算 | 記事一覧 | 名古屋市河村市長「地域委員会」の創設を訴え >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る