HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > ITS Japan総会「お客様・社会価値」提供を目指す
ITS情報、まちづくり情報

ITS Japan総会「お客様・社会価値」提供を目指す

[ ITS動向 ]

6月19日、経団連会館で2017年ITS Japan度通常総会が開催された。
佐々木会長は挨拶で次のように述べた。
最近の国際・社会情勢を見ると「良いものを作れば必ず売れる」という状況ではなく、日本ならではの技術価値、社会価値の提供=「ことづくり」が必要である。
ITSJapanは、ITS技術、日本型交通社会づくりをセットとした新技術で「産業立国日本」に寄与したい
P10901711.jpg

昨年度の事業報告の中で天野専務は、昨年作成した第3期中期計画の以下の3テーマについて取り組み状況を報告した。
1.多様性に対応した新たな交通手段の実現
2.情報利活用のための基盤づくり
3.多様な地域の実情にあったITSの社会実装
特に、テーマ2にについては、災害時プローブ通行実績情報の公的利活用に向け関係省庁・機関と覚書を締結、地域情報連携ポータルサイトのデモサイトの構築など実績を上げつつある。



総会終了後の特別講演では池内東大名誉教授(ITS Japan副会長に就任)が
AIに関して「Artificial IntelligenceからAugmented Intelligenceへ」と題する講演を行った。講演の中で同氏は、1956年のダートマス会議以降のAI研究の歴史を振り返りながら、現在は「デカルト流要素還元からアリストレス流全体論による手法の統合」的視点が必要と述べた。
P10902211.jpg

P10902261.jpgのサムネール画像











その後、恒例の交流会が開催され、来賓として鶴保国務大臣、山本ITS議員連盟共同代表
等が挨拶を行った他、P10903341.jpg

綿貫元衆議院議長(初代ITS議員連盟会長)など議員連盟の議員も多数出席。また、講演会では、豊田ITSJapan名誉会長も聴講していた。


(ITS推進議員連盟の衆参議員や、豊田名誉名誉会長も出席)
P10903301.jpg

P10902881.jpg


<< トヨタ株主総会、自動運転車開発など「未来への挑戦」強調 | 記事一覧 | 改正道交法結果、75歳以上のドライバー 認知症の恐れ1万1617人 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る