HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > 国交省 PMに6億円の予算要求
ITS情報、まちづくり情報

国交省 PMに6億円の予算要求

[ ITS動向 パーソナルモビリティ ]


9月10日(月)国交省吉田副大臣は記者会見で、来年度予算にPM導入検討のため6億円を要求したと述べた。
概要は以下の通り

「超小型モビリティにつきましては、交通の省エネルギー化・低炭素社会に資する新たなカテゴリーの交通手段であることは皆さん御承知のとおりだと思います。
地域の手軽な移動手段として、高齢者、子育て世代等の移動支援、観光地等にも、地域の賑わい・振興等にも貢献することも期待されています。
今御質問の件ですが、まずは今年度中に新たな制度を創設します。
いわゆる超小型モビリティの公道走行を従来より簡便な手段で行えるようにするための認定制度を、まず今年度中に創設するということが1点目です。
そして2点目は、今予算のお話がありましたが、今回特別重点要求枠、いわゆるグリーンという枠の中におきまして、地方自治体、観光・流通関係事業者等の主導による先導・試行導入を加速する観点から、事業計画をそれらからお出しいただきまして、車両導入費用など先導・試行導入に関わる事業計画を精査させていただきまして、その実施に向けて費用の1/2を補助するという制度を予算として要求しております。
金額的には、平成25年度概算要求分で約6億円という形で要求しているところであります」

なお、同省は、
コンパクトシティの形成により都市の低炭素化を促進し、併せて民間による都市内への再投資を誘発するため、拡散した、又は拡散が見込まれる都市機能を一定の地域に集約する先導的な取組に対する支援制度を創設するため8億円を計上している。


pmdaihatu.jpg

<< 防災訓練で「移動支援システム」についてデモ展示 | 記事一覧 | 豊田市にゾーン30導入 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る