HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2010年 > 「G-BOOK」スマートフォンで緊急通報サービス
ITS情報、まちづくり情報

「G-BOOK」スマートフォンで緊急通報サービス

[ ITS動向 トヨタ ]

トヨタは、純正ナビゲーション以外のスマートフォンユーザーに対しても、緊急通報サービスや、オペレーターサービス等を、幅広く普及させること狙い、「スマートG-BOOK」を開発、12月1日から提供を開始した。

「スマートG-BOOK」は、専用のアプリケーションをネットワークからダウンロードすることにより、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンで利用できる。主なサービス内容は、「音声ガイド付通信ナビ(目的地までのルート案内)」に加えて、オペレーターに口頭で目的地の設定を依頼できる「オペレーターサービス」、事故や急病時に、現在位置を自動送信して、緊急車両を要請できる緊急通報サービス「ヘルプネット」、自宅のパソコンで作成したドライブ計画を共有できる「ドライブプラン」など、純正ナビゲーションと同等のG-BOOKサービスが利用できる。

「スマートG-BOOK」の利用料金については、「ヘルプネット」は、安心安全サービスを広く普及させたいとの観点から無料で提供する。音声ガイド付き通信ナビとオペレーターサービスは、セットで6カ月間900円にて提供する。なお、トヨタの販売店でauのスマートフォンを購入した場合、スマートG-BOOK登場キャンペーン期間中(12/1~3/末)は、同サービスが6カ月間無料で利用できる。

ホンダのインターナビが、iPhone利用者に「シーニックロード(観光道路情報)」情報サービスのみを提供しているのに対し大きな前進と言える。

(写真はサービスのトップページ)

.
gbook.jpg

<< GMのアーバンモビリティ コンセプト | 記事一覧 | 「東大ITSセミナーin 愛知」案内 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る