HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2011年 > 関東でITSスポット通信開始
ITS情報、まちづくり情報

関東でITSスポット通信開始

[ ITS動向 ]

 国土交通省は東日本大震災の影響により、サービス開始を延期していたITSプポット通信サービスを関東(NEXCO 東日本管内)及び新潟地域について7月14日からサービスを開始する。なお、東北地域は8月の予定。

 同サービスは、 高速道路上を中心に約1,600 基の「ITSスポット」を設置し、この「ITSスポット」と自動車に搭載された「対応カーナビ」との高速・大容量通信により、道路交通情報や画像などが提供されるとともに、自動車からも情報のやりとりが可能とするもので、すでに3月30日から北海道、関東(NEXCO中日本及び首都高速管内)地域及び中部以西についてサービスを開始したが、関東等で延期していたもの。

   主なサービスの内容波以下の通り
  <3つの基本サービス>
 1)【ダイナミックルートガイダンス】
   広範囲の渋滞データを受信。カーナビが賢くルート選択。
 2)【安全運転支援】
   ドライブ中のヒヤリを減らす事前の注意喚起。
 3)【ETC】
  ETCのサービスも実現。
  <その他のサービス>
 4)【インターネット接続】(一部の機種で実現)
  サービスエリアなどでインターネットにアクセス。地域観光情報の提供が可能。
itsspot.jpg

<< 警察庁、次世代安全運転支援システム(DSSS)の運用開始 | 記事一覧 | トヨタ、安全技術を公開 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る