HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > ホンダ、 スマホ・オーデオ連携の簡易ナビ発表
ITS情報、まちづくり情報

ホンダ、 スマホ・オーデオ連携の簡易ナビ発表

[ ITS動向 ]

2004att.jpg3月14-16日ビッグサイトで開催中のの第3回国際自動車通信技術展(ATT)で、ホンダは、スマホと
ディスプレイオーディオを組み合わせた車載端末を展示した。これは、ナビ機能を持たないディスプレイオーディオとスマホを繋げることで、簡易的なカーナビとして利用しようというものだ。
ナビ機能がないことやマルチタッチに対応していないなどHI面等で課題はあるものの、低価格のナビが市場化される中で、さらに簡易型のアプリが提供されることになる。

なお、第3回ATTでは、トヨタが開発したPHVやEVの充電をマネジメントするシステム「H2V Manager」が循環型社会の実現に向けてPHV・EVの普及推進、高い将来性と環境配慮が評価されATTTアワード最優秀賞を受賞した。

<< 新東名高速道路でワンセグの実験試験局を免許 | 記事一覧 | 日本NPO学会で「豊田市まちづくり懸賞エッセイ」について発表 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る