HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > 「自動運転=オートパイロットシステムに関する検討会」が発足
ITS情報、まちづくり情報

「自動運転=オートパイロットシステムに関する検討会」が発足

[ ITS動向 ]

国土交通省は
高速道路上の自動運転を実現するシステム(オートパイロットシステム)について、その実現に向けた課題の整理・検討等を行うため、津川国土交通政務官、津島国土交通政務官主宰の下 標記の検討会を設置した。同会は朝倉康夫東工大教授を座長にして、
渡邉ITS Japan 会長、吉川中日本高速道路株式会社取締役、各自動車会社等が参加しては平成25年3月までに下記についてまとめる。
・オートパイロットシステムのコンセプトの検討・整理
・オートパイロットシステムの実現に必要な検討事項の整理
・ロードマップの作成

autopirot1.jpg

autopirot2.jpg


<< ITS ジャパンン2012年度総会 | 記事一覧 | 豊田市交通まちづくり協議会ートヨタのTDMS計画等提案ー >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る