HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2016年 > 「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」が企画会社設立
ITS情報、まちづくり情報

「ダイナミックマップ構築検討コンソーシアム」が企画会社設立

[ ITS動向 自動運転 ]

「創造プログラム(SIP)自動走行システム」の検討課題のひとつである「ダイナミックマップ構築に向けた試作・評価に係る調査検討」を行ってきた「コンソーシアム」6社を中核とする企画会社が6月設立され、17年に事業会社を設立させる予定である。。

「コンソーアム」6社は三菱電機株式会社、株式会社ゼンリン、株式会社パスコ、アイサンテクノロジー株式会社、インクリメント・ピー株式会社、株式会社トヨタマップマスターで、今回、自動車メーカー各社も参画する。

今回設立する企画会社は、2015 年度に受託した SIP 事業の成果を踏まえ、自動走行・安全運転支援システムの早期実用化に向けて、全国自動車専用道路と一般道での実運用に向けた「ダイナミックマップ協調領域」のデータ仕様やデータ構築手法の標準化、メンテナンス手法などの実証ならびに決定、関係公的機関との調整および国際連携の推進を図るとともに、永続的な整備・更新を前提とした事業化の検討を進めてていく予定。

dynaqmicmapplanning corp.JPG

search.jpg

<< GoogleがFiat/Chryler(FCA)と自動運転で提携 | 記事一覧 | ITSジャパン会長にトヨタの佐々木元副社長、SIP-AdasのPDは葛巻氏(追記) >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る