HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > 無ハンドル車公道で実験可能に保安基準を改正
ITS情報、まちづくり情報

無ハンドル車公道で実験可能に保安基準を改正

[ ITS動向 自動運転 ]

国土交通省は9日、ハンドルやブレーキペダルがない自動運転車が公道を走行できるよう道路運送車両法に基づく保安基準を改正した。これは「官民ITS構想・ロードマップ2016」において、2017年目途で実施することとされている限定地域での無人自動走行移動サービス の公道実証実験を可能とするためで、年内にも安全確保の具体的な内容を詰める。
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000239.html
(写真はDena社のロボットシャトル)
denarobotax01.JPG

<< 「道の駅」と「高速道路SAPA」連携の社会実験を新城等で今夏実施 | 記事一覧 | 未来投資会議で.自動走行推進ついて討議 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る