HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > 道の駅における自動運転ビジネスモデル検討会
ITS情報、まちづくり情報

道の駅における自動運転ビジネスモデル検討会

[ ITS動向 自動運転 ]

5月14日、第3回 中山間地域における道の駅等を拠点とした 自動運転ビジネスモデル検討会(座長原田昇東大教授))が開催された。
会議の概要は以下の通り。
(1)H29年度の実証実験について
H29年度の実証実験について 事務局および各車両協力者(アイサンテクノロジー(株)、先進モビリテ ィ(株)、(株)ディー・エヌ・エー、ヤマハ発動機(株))より、実証実 験の結果及び検証状況(下図)について説明が行われた。
sankanchimichinoeki03.JPG

(2)委員からのプレゼン
(一財)医療経済研究機構より、「互助」による輸送の導入と訪問型サ ービスについて、東京海上日動火災保険(株)より、自動運転に関する損害保険業界 の取り組みについて説明。があった。

(3)今後の予定 について、事務局より、今後の進め方(下図)について説明があった。
sankanchimichinoeki02.JPG

<< 【ITS AP Forum 福岡】Russell Shields氏、V2XでDSRCに否定的見解 | 記事一覧 | HEREなどがOneMap Alliance立ち上げ >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る