HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2012年 > 新東名高速道路でワンセグの実験試験局を免許
ITS情報、まちづくり情報

新東名高速道路でワンセグの実験試験局を免許

[ ITS動向 ]


 総務省東海総合通信局は、中日本高速道路株式会社から申請のあった新東名高速道路のサービスエリアなどの特定エリアで情報提供を検証するための実験試験局の免許を付与した。

 本実験試験局は、中日本高速道路株式会社が、平成24年4月14日に開通予定の新東名高速道路(御殿場JCT~三ヶ日JCT)の静岡サービスエリア及び清水パーキングエリアに携帯電話端末などのワンセグ受信機向けに情報提供する実験を目的に申請されたもの。
 この実験試験局により、ワンセグによる情報提供サービスの具体化に向けて、高速道路における道路情報を提供する場合のサービス検証やさまざまな環境下での電波伝搬状況の基礎データの取得が行われる予定。

実験試験局の概要は次のとおり。

設置場所及び空中線電力

•静岡市葵区 新東名高速道路静岡サービスエリア(上り線):2.5mW
•静岡市清水区 新東名高速道路清水パーキングエリア:5mW

免許の有効期間

平成24年12月31日

実験開始予定日

平成24年4月14日(高速道路利用者向け)


<< JDパワー社が「スマホとナビの競合・共存状況」調査 | 記事一覧 | ホンダ、 スマホ・オーデオ連携の簡易ナビ発表 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る