つくば市で「セグウェイ」公道走行 | 2010年 | ITS情報、まちづくり情報 | 特定非営利活動法人(NPO) ITS-P21
HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2010年 > つくば市で「セグウェイ」公道走行
ITS情報、まちづくり情報

つくば市で「セグウェイ」公道走行

[ ITS動向 パーソナルモビリティ 他都市のまちづくり ]

 茨城県つくば市は1月29日、人が乗って走行するロボット「搭乗型移動ロボット」の実証実験特区の認定を内閣府から受けたと発表した。国内で初めて「セグウェイ」などに代表される1人乗り移動ロボの公道走行が可能になる。早ければ今夏にも走行実験が始まる見通しだ。

 

横浜市も名乗り出ていたがつくば市が先行したかたち。

詳細は こちらをご覧ください。

  

移動ロボットは高齢者や障害者の日常生活支援に役立つとされ、世界で開発が盛んになっている。電動車イスなどと違い立った状態や座ったまま運転するなど形状も様々で、屋内での実証実験は国内でも進んでいる。

 

国内メーカーではトヨタが、I-realをモータ-ショー等で展示し、中部国際空港で実用化しているが、公道での実験までには至っていない。

詳細は こちらをご覧ください。

 

segway.jpg 

ireal01.jpg

 

 

 

 

<< 高速無料化まず37路線6月から実施。ETC割引は廃止 | 記事一覧 | とよたNPO大学講演 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る