HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > 「道の駅」と「高速道路SAPA」連携の社会実験を新城等で今夏実施
ITS情報、まちづくり情報

「道の駅」と「高速道路SAPA」連携の社会実験を新城等で今夏実施

[ ITS動向 道の駅 ]

国土交通省では高速道路ネットワークを賢く使う取組の一環として、休憩施設の不足に対応し、良好な 運転環境を実現するため、全国3箇所の道の駅において、高速道路からの一時退出を 可能とする「賢い料金」の試行する。
実験概要
1 . 内 容 :ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて の時間内に再進入した場合には 降りずに利用した料金のままとする
(ターミナルチャージ の再徴収をせず、長距離逓減 等も継続)
2. 実施箇所 :
道の駅 玉村宿 (群馬県佐波郡)
道の駅 もっくる新城(愛知県新城市)
道の駅 ソレーネ周南(山口県周南市)
michinoekiETC2.0SAPA.JPG

sinnsiromichinoeki.jpg

<< 第10回規制改革推進会議で道路運送車両法について議論 | 記事一覧 | 無ハンドル車公道で実験可能に保安基準を改正 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る