HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > ZMPと日の丸交通、自動運転タクシーによるサービス実証
ITS情報、まちづくり情報

ZMPと日の丸交通、自動運転タクシーによるサービス実証

[ ITS動向 自動運転 ]

8月27日株式会社ZMP(以下ZMP)と、日の丸交通株式会社(以下日の丸交通)は、自動運転タクシーによる公道営業実証実験を開始した。

本実証実験は、ZMPが開発した自動運転車両RoboCar® MiniVanを用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させる。
ルートは、大手町フィナンシャルシティグランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmで、需要の多い都心部路線でのautotaxzmp05.JPG
ドライバー不足の解消等の活用策や、ICT技術を活用した配車サービスを検証する。
本実証実験は、東京都が本年度より開始した支援事業『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、
国と東京都が共同で設置する『東京自動走行ワンストップセンター』の支援を受けて実施される。

<実証実験概要>
日時:2018年8月27日(月)~ 同年9月8日(土) 9:00 ~ 17:00 (予定)
実験経路:大手町フィナンシャルシティ グランキューブ~六本木ヒルズ間(約5.3km)のルート
運行車両:ミニバンタイプ 1台
運行回数:1日4往復(予定)
料金:片道1,500円(税込)
利用方法:ウェブより申し込み後、抽選により予約可能者を決定
主催:日の丸交通株式会社、株式会社ZMP
協賛・協力:三菱地所株式会社
協力:森ビル株式会社

 


<< コンパクトシティと自動運転社会 ① | 記事一覧 | 第1回 AutomotiveWorld名古屋2018 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る