HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2020年 > トヨタとNTTが「スマートシティー」づくりで資本提携
ITS情報、まちづくり情報

トヨタとNTTが「スマートシティー」づくりで資本提携

3月24日、トヨタ自動車の豊田章男社長とNTTの澤田純社長は、記者会見で互いに2000億円規模の出資を行って株式を持ち合う資本提携を行い、「スマートシティー」づくりを推進すると発表した。

両社は、トヨタが持つ自動運転などの次世代の車の技術と、NTTが持つ高い通信インフラの技術を組み合わせ、5Gの次の世代の通信規格、6Gの活用を視野に新しい移動サービスの開発で幅広く協力し、、最先端の「スマートシティー」の構想を推進するねらいがある。

トヨタは去年、ソフトバンクとMaaSを推進する新会社「モネ テクノロジーズ」を設立して、自治体とも連携しモビリティサービスの事業化に乗り出した。

NTTとも2017年に「コネクテッドカー」の分野で提携していて、5G新しい通信インフラの実証実験などを共同で進めてきた。

更に、トヨタは今年1月のCESで2021年から静岡県裾野市の工場跡地70haに「WovenCity」と名付けた、未来型の新しい都市の建設を着手すると発表した。あくまでも「リアル」にこだわりながら新しいモビリティ企業像を模索中の同社は、国営独占の電話企業から、民間のソフト産業に脱皮したNTTとの提携は不可避だっと説明した。

(別途記事掲載予定)


TOYOTANTT041.jpgTOYOTANTT037.jpg


<< 昨年の交通事故死者数は前年比317人減の3,215人 | 記事一覧 | >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る