HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2021年 > 豊田市で関係主体による「ジコゼロ大作戦」の協働を開始
ITS情報、まちづくり情報

豊田市で関係主体による「ジコゼロ大作戦」の協働を開始

[ ITS動向 豊田市まちづくり情報 ]

豊田市、トヨタ自動車株式会社、一般財団法人トヨタ・モビリティ基金、公益財団法人豊田都市交通研究所は、"豊田市つながる社会実証推進協議会"の取組みとして、交通死亡事故の削減を目指す官民連携事業「ジコゼロ大作戦」を開始する。
今回の取組みは、車とインフラの通信技術を利用した安全運転支援の仕組みや車両データを活用した道路環境整備・市民への啓発等を行うもの。
本事業は豊田市における死亡事故削減を実現するとともに、他地域でも応用可能な「官民連携による交通安全の取り組みモデル」を構築し、愛知県をはじめとした全国にその成果を展開を目指している。

期間: 令和3年7月30日(金)~令和4年3月31日(木)
主な取組み
(1) インフラ協調型危険回避システム 
支柱・電柱等に設置したカメラやセンサーで車の接近を感知、衝突危険がある車や歩行者に対して注意喚起を行って、事故を未然に回避するシステム。豊田市内の出会い頭事故の危険がある交差点に設置予定。豊田市交通安全ポールシステム.jpg
(2) 住民ヒヤリハットデータベース化
(3)ドライブレコーダー情報を活用した高齢者安全運転診断サービス
(4) 車両プローブデータの活用による危険箇所の特定、原因分析による効果的な対策の実施と効果検証

<< 「日本の半導体産業を取り巻く問題について」国会に参考人招致 | 記事一覧 | 高速道路の償還期間再延長等検討決定 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る