HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > 第13回日本モビリティ・マネジメント会議
ITS情報、まちづくり情報

第13回日本モビリティ・マネジメント会議

[ 豊田市まちづくり情報 ]

7月27~28日、豊田市の名鉄トヨタホテルで第13回(一社)日本モビリティ・マネジメント会議(以下MM会議)が開催された。(※)
    (※)渋滞や環境、あるいは個人の健康等の問題に配慮して、過度に自動車に頼る状態から公共交通や自転車などを『かしこく』使う方向へと自発的に転換することを促す、一般の人々や様々な組織・地域を対象としたコミュニケーションを中心とした持続的な一連の取り組みのこと。

MM会議では、開催地企画として「やらかしてこそ見える豊田の将来」と題した栗本都市整備部副部長の報告と松本名城大教授司会によるパネルディスカッションが行われた。
20180727mm01.jpg 20180727mm03.jpg 20180727mm04.jpg
オープンニングセッションではfujii2.jpgMM会議代表理事藤井聡京大大学院教授、開催地の太田豊田市長の挨拶後、

基調講演として、名古屋大学森川高行教授による「高齢者が元気になるモビリティ社会を目指して~名古屋大学COIの豊田市における取組み~(下図 )

特別講演としてトヨタ自動車株 豊島浩二CEによる「モビリティが実現する暮らしの豊かさ」が行われた。
20180727mm92.jpg 20180727mm93.jpg 20180727mm94.jpg

<< 経産省の「自動車新時代戦略」中間報告まとめ | 記事一覧 | SIP自動運転 第2期の研究開発計画説明会 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る