HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2010年 > 豊田市は超小型モビリティ実証実験地域に選ばれる
ITS情報、まちづくり情報

豊田市は超小型モビリティ実証実験地域に選ばれる

[ パーソナルモビリティ 豊田市まちづくり情報 ]

国交省は昨年「環境対応車を活用したまちづくり研究会」を発足させ、国の関係機関と地方自治体との協働により、環境対応車の導入に向け検討を行ってきたが、本年度「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験地域」について募集を行い、この度、電動バス、電気自動車、超小型モビリティの実証実験地域として16都府県市区が選ばれた。

豊田市は、桐生市、千代田区、京都府、福岡市、宗像市とともに「超小型モビリティ利活用に関する実証実験」地域として選定され、いくつかの車両のモニター利用や、豊田市内中心市街地での使い方、使われ方検証等の実証実験を実施する。

(参考)国交省資料: 超小型モビリティの利活用に関する実証実験イメージ

<< NEXCO中日本の「新東名夢ロード懇談会」の動向 | 記事一覧 | ERTICO Forumにウェブ参加 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る