HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2010年 > APECにトヨタはi-REAL等を出展
ITS情報、まちづくり情報

APECにトヨタはi-REAL等を出展

[ ITS動向 トヨタ パーソナルモビリティ ]


P1010086w.jpg
トヨタ自動車は第18回APEC首脳会議に併せ開催されるAPEC展示『JAPAN EXPERIENCE~日本の知恵と技術の体験空間~』に出展した。

トヨタは、「プリウス プラグインハイブリッド」、パーソナルモビリティ「i-REAL」、立ち乗り型パーソナル移動支援ロボット「Winglet」を出展すると共に試乗できるようにした。

トヨタは、政府が本年策定した「新成長戦略」にも位置付けられている「次世代自動車」や「パーソナルモビリティ」などの技術開発に従来から積極的に取組んでいる。

写真は中部国際空港で使われているi-REALで、詳細は こちらの記事をご覧下さい。

<< 日産ニューモビリティコンセプト発表 | 記事一覧 | 名チャリ2010社会実験実施中・・事業化を目指す >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る