HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2013年 > 世界ICTサミット2013でITSについて議論
ITS情報、まちづくり情報

世界ICTサミット2013でITSについて議論

[ ITS動向 ]

6月11-12日日経ホールで開催された「世界ICTサミット2013」で「ITSやEVが促すスマートライフ革命」が取り上げられた。以下のパネラーが参加した。

モデレーター:日本経済新聞社 電子報道部次長兼編集委員 武類 雅典氏
パネリスト
今井 武 氏 本田技研工業 役員待遇参事 グローバルテレマティクス部長
天野 肇 氏 ITS Japan 専務理事
柴田 雅久 氏 パナソニック 役員 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 上席副社長
カート・ケルティー 氏 米テスラモーターズ パワートレイン サプライチェーン管理部門ディレクター
モデレーター

それぞれが、各所属組織の主な活動について紹介の後、意見交換に入いった。
意見交換では今井氏は「規格の標準化の必要性」、天野氏は「日本の強みである組み合わせ技術を活かせば、ITSで世界に優位に立てる」などの意見を述べた。

130611ictcof.jpg

<< 猪瀬東京都知事 ITS世界会議での都の取組について記者会見 | 記事一覧 | 高速道路のIC,スマートIC設置許可 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る