HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2011年 > 愛知の大学生のITSに関する意識
ITS情報、まちづくり情報

愛知の大学生のITSに関する意識

[ ITS動向 特集記事 ]

愛知県ITS推進協議会(会長大村知事)は、7月27日(水)行った総会で愛知県下の大学生のITSに関する意識について報告した。これは同協議会の大学セミナーWGが行ったものでが県下の大学で行った「移動講座」の後のアンケートのまとめ。

これによると、今後のITSに大切なものは「安全・安心」が第1位でそれに環境、快適が続いている。
とくに愛知県と交通事故に関する記述が多くい。また「将来ののモビリティ」に対する設問に対し、「安全・環境・快適」の実現の手段として「自動運転等自動化」に関する記述が多く、自動化に関するITSへの期待が多いといえる。


daigakuWG1.jpg


mobjlity2.jpg

<< Public Perceptions on Transportation Characteristics of Livable Communities | 記事一覧 | 700MHz帯安全運転支援通信システムの技術的条件答申 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る