HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2013年 > サンフランシスコで渋滞税検討
ITS情報、まちづくり情報

サンフランシスコで渋滞税検討

[ ITS動向 ITS海外情報 ]

San Francisco considers congestion charging

サンフランシスコ郡交通局(SFCTA)は、ここ10年で悪化しようとしている市内のラッシュアワーの交通渋滞を緩和する為、渋滞税を導入することを検討している。市交通局の渋滞課金計画は、もうすぐ環境評価に入る。
渋滞税は、特定時間に市に入るか、出て行く車に通行料金を課する。ドライバーは、ダウンタウンをドライブする際料金を払う。彼らはFASTRAKのようなデバイスを介して、またはライセンスプレートを記録したカメラシステムを介して、自動的に課金される。徴収されたお金は、トランジットを強化し、歩行者や自転車のための街をより安全にするために使用されるであろう。

ITS International 2013/6/13

sf.jpg


<< 「超小型モビリティの導入促進」事業の対象案件の決定 | 記事一覧 | 国連で豊田市のスマートコミュニティ活動を報告 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る