HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > トヨタ、モビリティサービスの新会社を設立
ITS情報、まちづくり情報

トヨタ、モビリティサービスの新会社を設立

[ ITS動向 ]

 トヨタは、12月21日、100%子会社のトヨタフリートリース株式会社とトヨタレンタリース東京を2018年4月1日に統合し、新たにトヨタモビリティサービス株式会社を設立することを決定した。

同社によると会社設立の目的として以下のように述べている。

 従来の「所有」だけでなく、「利活用」のニーズが高まる中、変化に対応するだけでな
 く、潜在ニーズを掘り起こす付加価値の高いサービスの提供が重要であると判断した。
 100年に一度と言われる自動車産業の大変革期において、迅速且つ柔軟に対応できるよ
 う、広域法人の集積地であり最も早くモビリティサービス社会の伸展が想定される東京
 に新会社を2018年4月に設立する。

 新会社は、トヨタとの連携に加え、グループ車両メーカー各社や、コネクティッド領域で
 トヨタコネクティッド株式会社、金融領域でトヨタファイナンス株式会社、中古車領域で
 株式会社トヨタユーゼックなど、グループ各社の総力を結集し、お客様の幅広いニーズに
 対応していく。

同社は将来的には、コネクティッド社会に対応したモビリティサービスを開発・提供することで、モビリティ社会におけるリーディングカンパニーを目指すとしている。
(関連記事)

<< 全国初 民間施設直結スマートICの整備方針を認定 | 記事一覧 | 交通事故死者、17年は過去最少の3694人  >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る