HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2014年 > 平成28年に都市高速で渋滞課金導入
ITS情報、まちづくり情報

平成28年に都市高速で渋滞課金導入

[ ITS動向 ]

社会資本整備審議会道路分科会は は2月7日(金)国土交通省で第44回基本政策部会及び第11回国土幹線道路部会の合同部会を開催し、ネットワークを賢く使う取組と老朽化対策の本格実施について審議した。

「ネットワークを賢く使う取組み」は
高速道路の渋滞している経路の料金を割高にし、容量に余裕のある経路の料金を割安にする料金「渋滞税、」の考えで、過去も「環境改善」を評価基準にした社会実験が行われてきた。
国土交通省としては、平日で90%以上利用されているETCと全国に1600ヶ所設置したITSスポットの機能を活用して、平成28年度に首都高や阪神高速で実施したい意向。しかし、この政策を効果を発揮させるには、首都圏で言えば外郭環状や圏央道などの整備が重要となる。


140207mlit06.jpg

140207mlit07.jpg






140207mlit01.jpg


140207mlit02.jpg

<< 地域コミュニティの"力"と"未来"を考えるシンポ | 記事一覧 | 「環境先進都市国際会議」を企画 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る