HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2018年 > 豊田市「未来都市研究会」を発足
ITS情報、まちづくり情報

豊田市「未来都市研究会」を発足

[ 豊田市まちづくり情報 ]

 愛知県豊田市長は1月5日の記者会見で11日に「未来都市研究会」の発足すると述べた。

201701toyotamayerpresen01.JPG同研究会は、昨年3月に設置された「豊田市つながる社会実証推進協議会(会長:豊田市長)」の一部と位置付けられる。

▶研究会では狙いとして
50年後の未来社会の姿を予測し、直近 10 年間に実用化が予想される新たな技術の開発や 価値の創出、くらしの変化を織り込んだ「ビジョン」を市民目線で描き、豊田市民や国内外に提示するとともに「未来を先取りする実証活動」を行うこととしている。

201701toyotacitymiraitosi.JPG

▶中部電力株式会社、トヨタ自動車株式会社、名古屋大学未来社会創造機構、 三菱東京 UFJ 銀行、豊田市を実施主体とし平成 30 年以降下記の実証を推進する。

201701toyotamayerpresen03.JPG

▶また、今後、実証への多様なプレーヤーの参画促進 未来都市の実現に向け、新たに必要となる技術や参画者を得てオープンイノベーション サイクルを確立するため、ベンチャー企業や若手グループ等の育成・支援も促進するため、 エコフルタウン、SENTANの活用、交流イベントの開催、イノベーション応援ファンドなどの検討を行う。


<< 「best effort型」サービスとクルマ | 記事一覧 | CES2018で「Autonomous Vehicles」等議論 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る