HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2017年 > 700MHz帯をITSシステムの「路路間通信」にも利用
ITS情報、まちづくり情報

700MHz帯をITSシステムの「路路間通信」にも利用

[ ITS動向 ]

平成27 年10 月から市販が開始されている700MHz 帯高度道路交通システムは、現在路車間及び車車間サービスを利用する車載器で構成されているが、総務省は「路路間通信の導入につい」情報通信審議会(会長:内山田トヨタ会長)から「路路間通信の導入につい」ての答申を受け、関係規定の整備を速やかに行うことにした。
これは、より交通事故のさらなる抑止を促すためには、車載器のみならず路側機も含めて普及を促進するとともに、安全運転支援に係るサービスの多様化を図ることが必要と判断したため。
700Mhztpropose2.jpg

なお、同答申については、パブリックヒヤリングの段階で、UTMS 協会、ITS Connect 推進協議会 、在日商工会議所等から意見が寄せられている。

<< 「シリコンバレーD-Lab」報告会 | 記事一覧 | 独 自動運転の普及にらみ道路交通法改正 -"ブラックボックス"に相当する機能の搭載を義務づけ- >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る