HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2021年 > 2020年の交通事故死者は2,839人(前年比-376人、-11.7%)
ITS情報、まちづくり情報

2020年の交通事故死者は2,839人(前年比-376人、-11.7%)

警察庁が2020年(令和2年中)の交通事故死者数速報値を発表した。
それによると、24時間内交通事故死者数は2,839人で前年比376人減、同-11.7%と最近5年間では大巾減少となった。しかし、警察庁が発表しているように、第10次交通安全基本計画(計画期間:2016年~2020年度)において掲げた、2020年までに24時間死者数を2,500人以下とする目標については、未達。(*)
   (*)2021年から始まる第11次交通安全基本計画の中間案では「2025年(令和7年)までに、24時間の死者数を2,000人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する。」として いる。
2020交通事故.jpg
都道府県別では東京がワースト1,最少は鳥取県、人口10万人あたりのワースト1は香川、最少は東京であった。東京のワースト1は、1967年以来で、警視庁は「コロナ禍で交通量が減り、車の走行する速度が上がっている事や、通勤手段をバイクなどにする人が増えたことが理由」としている。(出所yahoo等)。ワースト2は愛知県の154人。
また、年齢別では、65歳以上の比率が56.2%(昨年5.5.4%)1,596人であった。
ヤスノリ 2020年データ ①.jpg

<< トヨタ 超小型EV「C+pod」(シーポッド)発売 | 記事一覧 | 豊田市、超小型EV「C+pod(シーポッド)」全国初導入 >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る