HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2021年 > 豊田市、超小型EV「C+pod(シーポッド)」全国初導入
ITS情報、まちづくり情報

豊田市、超小型EV「C+pod(シーポッド)」全国初導入

[ 豊田市まちづくり情報 ]

豊田市は、令和2年3月に学校法人藤田学園藤田医科大学、トヨタ自動車株式会社、一般社団法人豊田加茂医師会及び公益財団法人豊田地域医療センターと「先進技術を活用した地域リハビリテーション及び在宅療養の推進に関する連携協定」を締結した。

当該協定に基づき、超小型EVの訪問診療への活用について検討を進めていたが、この度、トヨタ自動車株式会社が法人や自治体など向けに限定販売を開始した超小型EV「C+pod(シーポッド)」を、全国で初めて導入し、豊田地域医療センターの訪問診療用車両として活用する
   導入日
   令和3年1月15日(金曜日)
   導入台数 5台
   ※1月15日(金曜日)に1台、残り4台は3月末までに順次導入
   導入費用 9,883,054円

<< 2020年の交通事故死者は2,839人(前年比-376人、-11.7%) | 記事一覧 | スマートシティの論点 その2-Not PoC(Proof of Concept)- >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る